Twitterフォロワーを1000人目指している方必見!大事な7つのポイントお伝えします!

あなたはこんな悩みを持っていませんか?

悩んでる人
Twitter始めたけどフォロワー全然増えないよ。ツイートしてもいいね付かないし、悲しくなってきたなぁ。なんかコツとかあるのかな?
コミー
どうもコミーです!わたしは2021年1月1日にTwitterをはじめて43日でフォロワーさん1000人と繋がることができました。今日はどうやってその実績が出せたかをご紹介したいと思います。

目次

フォロワー1000人にするために重要な7つのポイント

  1. 目標を決める
  2. Twitterの特性を理解する
  3. 繋がりたい人(ターゲット)を決める
  4. 繋がりたい人(ターゲット)を探す
  5. 最初は相互フォローから
  6. つぶやく内容を意識する
  7. 感謝の気持ちを忘れない

目標を決める

一番大事なのは目標を決めることだと思います。フォロワー1000人というのはモチベーションなしでは到達は難しいでしょう。

モチベーションとなる自分の目標を決めておいた方が継続するのも苦にならないと思います。

ちなみにわたしがTwitterを始めた理由はwebマーケティング職に転職するのに何か実績を作りたいと思い始めました。あとはやっぱり同じ志を持った方と繋がりたかったのもあります。

そういう理由から、Twitterを始める時に1000人のフォロワーさんと繋がることを目標としました。

まだ何となくやっている方は今すぐ目標を決めましょう!些細なことでも自分がワクワクするものであれば目標にしてOKだと思いますよ(^^♪

Twitterの特性を理解する

Twitter含めSNSの特性をちゃんと理解することが大事です。Twitterの特性とは以下の3つ。

  • 共感
  • 尊敬
  • 承認欲求

共感

あなたはどんな時にいいねをしますか?

「あー!わかるわかる!」

おそらくこんな時はいいねをするのではないでしょうか?なのでツイートする時は共感を意識するというのはとても大事です。

自分に限った内容は他人からすると興味のないことなのでリアクションされないことが多いです。

ちなみに私も自分の夢を語ったツイートしたことがあったのですが、いいねは少なかったです(笑)

尊敬や憧れ

尊敬というのはわかりやすく言うとインフルエンサーを思い浮かべてください。インフルエンサーはなぜ多くの方に支持されているのでしょうか?

それは【尊敬】や【憧れ】だと思います。自分が持っていないスキルやキャラクター性、ハッとさせられるような発言など。

そういったものが人に影響を与えて、「すごいな」「あんな風になりたい」という気持ちにさせ支持されているのだと思います。

承認欲求

人は常に人から認められたいという思いを持っていますがそれを承認欲求といいます。あなたも自分のツイートにいいねやリプライなどをされた時に嬉しいと感じますよね?

なのでフォロワーさんのツイートには積極的にいいねをしましょう。でも闇雲にいいねするのではなくちゃんと内容を見てからにしましょう。

繋がりたい人(ターゲット)を決める

あなたはどんな人と繋がりたいですか?どんな人に発信したいですか?それを明確に決めないとあなたのツイートが興味のない人のところに届くばかりで、フォロワーもいいねも増えません。

わたしは目標と一緒に繋がりたい人(ターゲット)を決めました。わたしが繋がりたかったのはこういった方々です。

  • 同じタイミング(2020年11月~2021年1月)でブログを始めて仲間が欲しい人
  • ブログに関して情報を得たい人
  • ブログと一緒にTwitterを始めた人

こういった方と繋がりたいと決めました。なぜかというと自分と同じ悩みを持っていたり目指したいことが近いと思ったので共感してもらうことも多いのではないかと考えたからです。

あとは純粋に同じ目標や悩みを持った方々とつながりを持ちたかったからです。

繋がりたい人(ターゲット)を探す

繋がりたい人が決まったらその人がどこにいるかを探さないといけません。わたしの場合は検索窓で「ブログ初心者」で検索し、出てきた方のプロフィールを見ました。

すると同じくらいにTwitterを始めた方が多く更にそのフォロワーさんも見に行きました。するとその人たちもTwitterスタート時期がわたしと近かったので繋がりたい人へ行き着くことができたわけです。

最初は相互フォローから

最初は自然とフォローされることはほとんどありません。まず最初は自分を知ってもらうことが大切です。そのために最初は積極的にターゲットにした繋がりたい人にフォローしましょう。

そこで大事なのはプロフィールをしっかり作りこんでおくことです。自分がどんなことをやっている人間なのか、ブログをやっていることも忘れずに書いておきましょう。

フォローした後に相手が自分に興味を持ってくれればフォローし返してくれます。これをフォローバックといいますが、最初はこの繋がり方でフォロワーを増やしていきましょう。

注意しなくてはいけないのが、一気にフォローし過ぎるとTwitterからスパム扱いされてアカウントロックされたり、アカウント凍結になってアカウントが使えなくなるので注意してください。

コミー
一日のフォロー上限は40人ほどです!気を付けてくださいね!ぼくも一回ロックがかかりました(;^ω^)

ツイートする内容を意識する

ツイートする内容を意識しないとリアクションはもらえません。それではリアクションがもらえるツイートとはどんなものでしょうか。わたしは大きく二つだと思います。

  1. 有益な情報
  2. 共感できる内容

特化したスキルや知識を持っている方は有益な情報を発信することでリアクションが多くいただけます。例えば、マネーリテラシーが高い方はお金に関する情報や知識を発信することでリアクションが多くもらえます。

わたしの場合ブログを始めたばかりで皆さんに発信できる情報や知識はありませんでしたのでここは諦めました。そこで共感できる内容を発信することに決めたのです。

といってもありのままの悩みや思ったことをつぶやいています。最初は正直色々と考えて計算しながら考えていましたが、自分の本心じゃないことをつぶやくのが疲れたのとあまりリアクションがもらえなかったのである日、思っていることを軽い気持ちでつぶやいたら大きな反響をもらえました。

ちなみにその投稿がこれです。この時のフォロワー数は400人くらいだったのですが130近いいいねや13人からリプライをもらうことができました。

なぜこのツイートが多くのリアクションをいただけたのかを考えてみましたが、おそらく同じようにブログをしている人はTwitterに時間を取られることが多くてその部分が多くの共感を生んだのだと思いました。

この時は「ウケることツイートしてやろう」なんてことは微塵も思っていなかったので力を抜いて何気なくツイートする方が個人的には良いかなと思います。

感謝の気持ちを忘れない

SNSとはいっても人と人の繋がりだということを忘れてはいけません。自分のことを応援や支持してくれているフォロワーへの感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

一方的にフォロワーからのいいねやリプライを待つだけではなく、日ごろからフォロワーのツイートに対してリアクションをして感謝の気持ちを形にしましょう。

その他工夫していること

コミー
他にも自分なりに工夫していることがありますのでよかったら参考にしてください。

思わずクスっとなるツイートを

下のツイートはブログを一生懸命書く自分と奥さんの温度感の差を揶揄した表現でツイートしました。こちらはフォロワー200人くらいの時につぶやいた内容ですが53人からいいねがもらえました。

ストレートに伝えると「ブログを一生懸命に書いている自分を奥さんは冷たい目で見ています」ってことなんですが、売れない漫画家というワードを入れることで思わずクスっとするエピソードに書いています。

ツイート頻度

工夫ではないのですがツイート頻度も参考になればと思い共有します。1月1日からはじめて1月30日時点で387ツイートしています。(返信ツイート含む)

純粋に自分が発信したツイート数で言うと一日3ツイートくらいじゃないかと思います。朝起きた時、昼休憩後、夜寝る前。こんな感じですね。

よく一日20ツイートはしないとみたいなことを言われていますが、それは10000人を目指す時などは必要だと思いますが1000人を目指すうえでは特に必要ないと思います。

思い立ったら下書きして保存

たまにつぶやきたいことが思いついた時に忘れないうちに、ツイートの入力だけして下書き保存しています。

完全にできていない状態でも、気になるワードやつぶやきたい一言が思いついたらとりあえず一時保存しておけば時間がある時に作れるのでおススメです!

インフルエンサーのマネはしない

インフルエンサーのマネはしない。最初はインフルエンサーのツイートのニュアンスを真似しようとか思ったこともありますが、ペラペラの薄い感じはバレます(笑)

痛い人に見えてしまうのでやめようと思いましたw何度も言いますがありのままの自分が一番です。

コミー
いかがでしたか?これからTwitterを始める方やフォロワーさんがなかなか増えなくて困っている方のお役に立てれば嬉しいです!この記事が役に立ったという方や面白かったという方は下のバナーをクリックして応援してください(^_-)-☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる