【ティアグラと105】どっちがいいかで悩んでいるあなたへ

コミー
コミー

こんにちは。コミーです!
今日はよく聞かれるティアグラと105どっちがいいの?

という質問にお答えしたいと思います。

目次

結論!105をおすすめします!

先に結論をお伝えすると105をおすすめします。
なぜかはこれからご説明したいと思います。

105をおすすめする理由

まず初めにSHIMANOが出しているコンポーネントの種類と立て付けをご説明します。上からグレードが高くデュラエースが高性能で一番高いグレードになります。

ご覧いただくとデュラエースから105までは11速で、ティアグラ10速、ソラ9速、クラリス8速となっています。互換性はデュラエース、アルテグラ、105のみあります。

どういうことかというと105を購入しておけば、万が一パーツのグレードアップをしたいと思った時に、アルテグラにもデュラエースにもパーツ変更できます

例えば、変速パーツを105からグレードアップしてアルテグラに変えるってことはできるんです。

一方でティアグラ以下のグレードは、互換性がないためパーツをグレードアップすることができないのです。

ロードに乗り慣れてくるとパーツを変えたくなるもの

ロードバイクに乗ってしばらく経ってくると、パーツをグレードアップしたくなるんです。
それはそれでロードバイクを所有するうえでの楽しみの一つなのですが。

コミー
コミー

そうそう。それをロード乗りの中ではパーツ沼って言ったりします。笑

パーツを一つ上のグレードに交換すると、またその上ってなるんですよね。

グレードアップを見越して105にしておく方が〇

もしもティアグラからパーツをグレードアップしようとすると、11速対応のコンポに全て買い換えないといけないので、最低でも105の約7万円くらいはかかります。

一方で105にしておけばパーツパーツでグレードアップできるので、お財布にも優しいです。一気に全パーツを変えるのも良いですが、少しづつグレードアップするのも楽しいですよ。

そしてティアグラと105は1万円くらいしか変わらないですしね。それなら個人的には105にしておいた方が良いかなと思います。

コミー
コミー

実は私は最初にティアグラのロードバイクを買ったのですが、結局半年して105に買い換えて出費がかさみました(;^ω^)

SHIMANO (シマノ) 105-R7000 ブラックコンポセット 【ロードバイク】

105から上級グレードへ。まずは手軽なグレードアップから

コミー
コミー

105から上級グレードにグレードアップする際に、一気に全パーツを変えるとかなりの金額がかかるけど、ブレーキだけをアルテグラに変えるみたいに手軽なグレードアップから始めるのがおススメです!

わたしは105から最初にブレーキをアルテグラに変えて、その3か月後にペダルをアルテグラに変えました。

一気にパーツを変えないことで出費が分散されるのと、徐々にグレードアップする楽しみが味わえます。

勿論、グレードアップすると性能が上がるのでライドもさらに楽しくなりますし、自転車への愛着も増します。

パーツを購入して、地元の自転車屋さんかサークルベースあさひに持って行けば工賃は取られますが取る付け可能です。

まずは小さなグレードアップからやってみるのをおススメします

シマノ ペダル PD-R8000 ULTEGRA SPD-SL IPDR8000 ¥14,500

シマノ  ブレーキ BR-R8000 前後セット R55C4シュー IBRR8000A82 ¥11,707

シマノ スプロケットCS-R8000 11S 11-28T ¥6,499

まとめ

いかがでしたでしょうか?今日はティアグラと105どっちが良いかという内容でお送りしました。
105が良くてティアグラがダメという話ではありません。

性能は大きく差はないと思いますので、パーツのグレードアップも視野にあるなら105の方が先々お得ですよ。

それではまた!

コミー
コミー

最後まで読んでいただきありがとうございました!
記事を気に入ってくれた方は下のバナーをクリックお願いします。モチベーションが上がります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる