ロードバイクが心から好きなロードバカがロードバイク初心者のあなたに向けて発信する情報ブログ

【ロードバイク歴7年が本気でおススメ!】グストのロードバイク推しポイント!

コミー
コミー
どうもコミーです!今回はこんな悩みにお答えします。

  1. カーボンロードバイクが欲しくて色々探してたらグストって名前にたどり着いた
  2. ロードバイク購入の予算は20万円まで
  3. GUSTO(グスト)のロードバイクってどうなの?
  4. おすすめのポイントがあれば知りたい
目次

結論、グストのロードバイクはコスパが良くておすすめです

通常カーボンロードバイクは完成車で大体20万円以上はするので、なかなか初心者には手が出しにくいと思います。

もしもあなたがどうしてもカーボンロードバイクを欲しいのであればグストのロードバイクは本当におススメです。

わたしが予算20万円しかないのであれば間違いなくGUSTOのロードバイクを買います。

その理由をこれからお伝えしていきたいと思います。

GUSTO(グスト)とは?

出典:GUSTO公式サイト

グストは台湾のAttaque社(以下アタッキ)が運営しているロードバイクブランドです。

アタッキは元々カーボン製のパソコンや携帯電話を作っていたメーカーでカーボン技術に優れています。

その技術を活かし多くのバイクブランドに自転車フレームをOEM供給(相手先ブランド名製造)してきました。

グストは自社製造のブランドなので外注してフレームを作っているメーカーと比較して安いというわけです。

また自らコンチネンタルチームも持っており日本のレースでも総合優勝、スプリント賞、山岳賞の三冠を取るなど活躍しています。

コンチネンタルチーム【Ljubljana Gusto Santic】

グストのおすすめポイント

グストをおすすめする理由は、ただ単に安いということだけではありません。

フレームを安く提供できる分、上位グレードの変速機(コンポ)を装着しているのが本当に魅力的なところです。

同じ予算であれば他メーカーよりもワンランク上の変速機が付いた自転車が手に入ります。

逆に言うと同じ予算で他メーカーの自転車を買おうとすると変速機のグレードを下げないといけないということです。

グストなら20万円の予算でカーボンフレーム+変速機はシマノ105(R7000)の完成車が手に入ります。

ちなみにシマノ105(R7000)だけで7万円ほどするんですよね(^^;)

同じ予算で他メーカーなら変速機はワンランク下のティアグラか、更にもう一つ下のソラになると思います。

コミー
コミー
変速機については別の記事でも書いていますので合わせて読んでみてください(^^♪

あわせて読みたい
【ティアグラと105】どっちがいいかで悩んでいるあなた!答えはこれです! 【結論!105をおすすめします!】 出典:シクロワイアード 先に結論をお伝えすると105をおすすめします。 なぜなら上級グレードへのパーツ交換が可能だからです。 って...

あなたにおすすめするグストの1台はこちら

予算が20万円のあなたにおすすめするのはCOBRA SPORTです。

値段がなんと税込198,000円!

何度も言いますがカーボンフレームで+変速機はシマノ105(R7000)装着でこの値段です。

重量はペダルなしで8.4㎏ととても軽く、ヒルクライムでも十分にその恩恵を受けられると思います。

個人的にはゴールドのフレームカラーが他の人と被りたくない人にとってはおすすめポイント。

出典:GUSTO公式サイト

まとめ

グストおすすめポイントのまとめです。

  • カーボンの技術力が高いメーカー
  • コンチネンタルチームも持っている高いブランド力
  • 自社生産のだからコストを抑え安く提供できる
  • フレームでコストカットしている分変速機がハイグレード
  • 予算20万円で手に入る

初心者の最初の1台にもおすすめの1台です!

コミー
コミー
最後まで読んでくださってありがとうございました!他にもロードバイク初心者に向けた記事を書いていますので読んでいただけると嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる