ロードバイク初心者が知っておくべきこと!【手信号】編!

こんにちはコミーです!
40歳目前のサラリーマンです。現職は営業マンですが、この先Webコンサルタントを本業にし、ブログを副業にしたいと思っています。

同じように将来複業独立を考えている方に勇気を与えられたらと思いブログをはじめました。最後まで読んでいただけたら嬉しいです(^^)

さて本日はロードバイクの記事です。
ロードバイク初心者の方が知っておくべきことという内容でお届けします。

目次

ロードバイク初心者が知っておくべきこと!手信号

安全に自転車を乗るため、そして交通ルールを守って周りに迷惑をかけないためにも覚えておかないといけないのが【手信号】です。

皆さん、交通安全講習などで一度は見たことがあると思います。手信号とは車でいうウインカーですね。

今日はしっかりと手信号を知っていただき安全な自転車ライフを送ってもらいたいと思います。

手信号の種類

では実際に手信号を写真付きでご説明します。
※ユーチューバーのけんたさんの写真がフリー素材でありましたので活用させていただきますw

【右折の合図】
右折する時は、右手を水平に伸ばし合図を出します。

【左折の合図】
左折時の合図は2つご紹介します。
合図を出す時は一時的に片手運転になりますので、やりやすい方で行いましょう。
①左手を水平に伸ばして合図する
②右手を直角に曲げて合図

【減速する場合】
減速を行う時は右手を後ろに伸ばして合図します。減速する直前に合図すると後続車から追突される恐れがあるために、早めに出すようにしましょう。

【障害物や落下物がある場合の合図】
道路に障害物や落下物などが落ちていることがあります。
後続車に知らせてあげないと、転倒につながる恐れがありますのでしっかりと合図を出して知らせてあげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本日は自転車に乗る際のウインカーの役割である「手信号」についてご紹介しました。

交通ルールを守って素敵なロードバイクライフを送ってください(^^)
それではまた!

コミー
コミー

最後まで読んでいただきありがとうございました!
記事を気に入ってくれた方は下のバナーをクリックお願いします。モチベーションが上がります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる