ロードバイクが心から好きなロードバカがロードバイク初心者のあなたに向けて発信する情報ブログ

【最強アプリ】雨の日でもロードバイクに乗れる⁉ZWIFTはめっちゃ楽しいよ!

コミー
どうもコミーです!今回はこんな悩みを解消する内容をお届けします!
  • 雨が降っててロードバイク乗れない
  • せっかくいい感じで痩せてたのに運動できないなんて
  • 雨の日でもロードバイク乗りたい

目次

【結論】雨でもロードバイクが楽しめるZWIFTがおすすめです!

出典:ZWIFT

ZWIFTとは、超簡単に説明すると自分のアバターがバーチャルコースを走るというアプリです。ロードバイクをサイクルトレーナーというマシンに設置し、通信機器を使うことで自分の動きにアバターが連動します。

ゲーム感覚で楽しみながら運動できるという超優れモノなんです!

コミー
めっちゃすごいと思いません?私はこれを知った時、こんな夢のようなツールがあるんだと感動しました。

ZWIFTの面白いところ

コミー
私もZWIFT経験者なので、実体験も含めて魅力をお伝えします!

自分好みのアバターが作れる
✔自分の好きなメーカーのロードバイクが選べる
✔オンラインで全世界の人とレースができる
✔本格的なトレーニングメニューも豊富

自分好みのアバターが作れる

コミー
髪型や服装など自分好みでアバターを作ることができます。ちなみに画像は私のアバターです。現実の自分とはまったく違います。笑

自分の好きなメーカーのロードバイクが選べる

コミー
アバターだけじゃなくてロードバイクも自分の好きなモノが選べます。最初は選べる種類が限られていますが、後から色々な種類のバイクが選べるようになります。

実車は高くてそう簡単に買い替えはできないですが、ZWIFT内では実際に存在するモデルがたくさんあり色々な自転車を楽しむことができます。

オンラインで全世界の人とレースができる

ZWIFT上では現実世界さながら、勾配のあるコースやミートアップが用意されています
出典:ZWIFT JAPAN
コミー
いやー、本当にすごい時代ですよね。全世界の人とレースできるんですよ?

定期的にレースが行われているので自分の好きなタイミングでエントリーすることができます。また、実力に応じてランク分けされているので、自分に合ったランクのレースに参加することで同じような実力の人と競うことができます。

本格的なトレーニングメニューも豊富

インターバルトレーニングなども色々な種類があるので、本格的に速くなりたい方や心肺機能を鍛えたい方などにもおススメです。

コミー
画像は実際に私がトレーニングをしている時の画像です。エンデューロ前だったので地獄のようにきついトレーニングをしてました(;^ω^)

ZWIFTを始めるのに必要なモノ

コミー
ZWIFTをやるのに必要なモノをご紹介します。

アプリをインストール

まずはアプリがないと話になりませんのでこちらからインストールしてください。

 ZWIFTアプリインストール

ZWIFTをやる環境によって金額はピンキリになります。例えば、バーチャルコースが平坦から坂道に入ると自分が実際に漕いでる自転車も自動で負荷がかかって、よりリアルなライドに近い環境にすることもできます。

その時には通常のローラー台ではなくスマートトレーナーというマシンを導入する必要がありますが、スマートトレーナーは10万円以上するので初心者が購入するにはハードルが高いと思います。

今回は『これがあればZWIFTできるよ』という最低限必要なモノをご紹介しますね!

予算的には自転車とスマートフォンは持っていると仮定して、ローラー台とスピードセンサーで2万円くらいあれば購入できると思います。

自転車

これは言わずもがなですが自転車が必要です。

スマートフォン

スマートフォン上でZWIFTを起動します。

ローラー台

タックス Tacx ブルーモーション
出典:シクロワーアード

ローラー台とは、ロードバイクの後輪を回転するローラーに乗せて漕ぐことで、固定された状態でロードバイクに乗ることができるマシンです。ローラー台という名前以外にもサイクルトレーナーという名前で呼ばれることもあります。

価格は1万円台から5万円程するものまで幅広いですが、中古も結構出回っているので中古を購入してもいいと思いますよ。

あわせて読みたい
【2021年】人気メーカー別!ローラー(サイクルトレーナー)のおすすめ11選!! ・ローラーって色々種類があってどれがいいのかわからない・おすすめがあれば教えて欲しい 【ローラー(サイクルトレーナー)とは】 ローラー台とは、道路を走らずにその...

スピードセンサー

出典:XOSS

スピードセンサーとはその名の通りロードバイクの速度を計算するためのセンサーです。通常の屋外のライドだとサイクルコンピューターと連動させて速度を表示させるのに使います。

今回はスマートフォンをBluetoothで連携させて、自分が自転車を漕いだ時にZWIFT上のアバターが連動して動くためのツールとして使います。

後輪のハブ(芯の部分)に装着しますが付け方はゴムで巻き付けるだけなのでとても簡単です。


あればより快適になるもの

モニター

出典:ZWIFT公式サイト

大きなモニターと接続すれば、より臨場感が増して楽しむことができます。スマートフォンからHDMI端子で接続すれば簡単に大画面で映すことが可能です。

コミー
PC用のモニターでも、TVでもHDMI端子があれば大丈夫です!

HDMIケーブル

モニターとスマートフォンを接続するのに使うケーブルです。片方がスマートフォン端子でもう片方がHDMI端子になっているケーブルがありますのでそちらを購入ください。


扇風機

外で風を受けて走るのとは違って室内だと風がないのでめちゃくちゃ熱くなります。特に夏場は熱中症になるので扇風機が必須です。

冬でも汗をかなりかきますのであると重宝しますよ。

コミー
夏は本当に熱中症になるので絶対あった方が良いです!

汗防止カバー

室内でロードバイクを漕いでいるとかなりの汗をかいて自転車にポタポタと落ちて汗まみれに。大切な自転車が痛む原因となります。

そこで重宝するのが汗防止カバーです。自転車に汗が落ちるのを防いでくれるので安心して自転車を漕ぐことができます。

コミー
本当に尋常じゃない量の汗をかくので持っておいた方が良いですよ!

制振/防音マット

ローラー台は漕いでいると結構振動や音が発生します。周囲への騒音対策に専用の制振/防音マットがあると良いです。


まとめ

コミー
いかがでしたでしょうか?改めてZWIFTのまとめです。

雨の日でもロードバイクに乗れる
ゲーム感覚で楽しめる
いつでも気軽に有酸素運動が出来る
結果としてダイエットもできて健康的

コミー
最後まで読んでいただいてありがとうございました!他にもロードバイク初心者に向けてたくさん記事を配信していますので覗いていってください(^^♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる