ロードバイクが心から好きなロードバカがロードバイク初心者のあなたに向けて発信する情報ブログ

【図解でわかりやすい】ロードバイクを初めて買うあなたが失敗しないためのコツ!

コミー
どうもコミーです!あなたはこんな悩み持っていませんか?

・予算はどれくらいいるの?
・はじめてロードバイクを買おうと思っているけどどんな自転車を買えばよいの?

コミー
これは初心者あるあるだと思います。今回はこんな悩みにお答えしたいと思います。

目次

結論。ロードバイクの購入金額は乗る目的で決まります

コミー
早速ですがあなたはどちらに当てはまりますか?

A.基本通勤で乗る。休日乗ってもサイクリング程度
B.趣味で乗ろうと思っているけど、できれば本腰入れてやってみたい

Aの方は予算10万円程度、Bの方は20万円程度の予算が必要です。

自転車の金額で何で決まるの?安い自転車と高い自転車の違いは?
コミー
こう思いましたよね?ロードバイクの金額は車体の素材と変速機のグレードによって変わります。

ロードバイクのフレームの種類

フレームの素材はクロモリ、アルミ、カーボン、チタンなどがあります。チタンは高額で上級者のイメージなので今回は説明を省きます。

クロモリ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 72ca6f5f9b724ae0b5f6bdc9656cd471-1.jpg

クロモリとは鉄にクロムとモリブデンが添加されたもので見た目はクラシカルなデザインで競輪の自転車にイメージが近いかもしれません。価格は安めでAの方向けです。

大きくしなるので、路面の振動を吸収してくれて乗り心地が良くて長距離のライドに向いています。

重量が9~11kgとロードバイクの種類の中では重めなので、坂道の多い道は他の素材よりも不利になります。

アルミ

アルミもエントリーモデルに多く使われている素材でクロモリよりも太めのフレームになりよりスポーティなイメージです。
価格は安めでAの方向けです。

重量は8~10kgとクロモリよりも若干軽いです。

先ほどのクロモリに比べて素材が固くしなりがあまりないので振動を受けやすいです。フロントフォークだけカーボンになっているモデルも多いので衝撃が気になる人はそちらを選ぶといいでしょう。

コミー
ちなみに私も最初の1台目はフロントフォークがカーボンのアルミ素材のものでした。

カーボン

カーボンとは炭素繊維強化プラスチックという素材で価格は非常に高くBの方向けです。安くても15万円はします。

重量が6~8kgとめちゃくちゃ軽く、振動吸収にも優れていて乗り心地がとても良い

とても高額なので初心者は手を出しにくい

ロードバイクの変速機(コンポ)について

変速機とは複数の部品で構成されていて総称をコンポーネントといい、通常コンポと略称で呼ばれることが多いです。

コンポとは以下のような部品を言います。

コミー
ここから先はコンポで話を進めていきますね。

コンポメーカー

コンポのメーカーは大きく3つあります。

SHIMANO(日本)、カンパニョーロ(イタリア)、スラム(アメリカ)がありますが、初心者向けの自転車はほぼSHIMANOが装着されているので今回はSHIMANOのコンポの話をします。

コミー
余談ですがSHIAMNOは釣り具メーカーでもあります。

SHIMANOコンポの種類

SHIMANOには以下のようなコンポの種類があります。

変速の段数によって分かれているのと、105以上のコンポは同じ11速でも変速のスムーズさや重さが異なりデュラエースは最上級のグレードになりコンポの金額だけで自転車が買えます(;^ω^)

コミー
本当にピンキリですよね。ロードバイクに興味のない人にとってはデュラエースの金額とか絶対理解できませんね。笑

段数の違いがもたらす影響について

段数の違いが何に影響するのかわからないって方も多いので説明します。

わかりやすく言うと段数の違いは平坦な道よりも傾斜のある道で差が出やすいです。平坦な道では向かい風でない限りそこまで負荷はかかりません。

傾斜のある道では傾斜角度によって細かく段数を切り替えられた方が無理なく漕ぐことができるので、段数が多い方が体への負担が軽減されます。

8速よりも11速の方がギアの枚数が多い分、臨機応変に対応できるということなんです。

コンポも乗る目的で決めましょう

A.基本通勤で乗る。休日乗ってもサイクリング程度
B.趣味で乗ろうと思っているけど、できれば本腰入れてやってみたい

Aの方にはクラリス、ソラ、ティアグラをおすすめします

通勤や近場のサイクリングでロードバイクに乗りたい方には、クラリスやソラで十分だと思います。価格も他のグレードに比べて安いのでおすすめです。

Bの方には105以上をおすすめします

現段階で趣味で乗ろうと思っているけど、凝り性でハマってしまう方には絶対に105以上をおすすめします。

なぜここだけ絶対と言っているかというと、実際に私がそうでティアグラ装着車を買ったのに結局105に組み換えしたからです。

コミー
結局あとから8万円近くの出費になりました(;^ω^)

下図の互換性ありという部分がその理由なのですが、段数がティアグラよりも1段多いのもあるのですがそれよりも大きな理由があります。

互換性とは、105のコンポを着けていてブレーキだけを再上位グレードのデュラエースに交換することができるということです。

つまり105以上であればグレードアップが可能なんです。

実際に試乗して体感してみよう

予算に合わせてどんなフレーム、コンポを選んだら良いかはわかっていただけたと思います。でも実際に自転車に乗ってみないと正直違いはわかりません。

お近くのサイクルプロショップに行けば試乗させてもらえると思います。サークルベースあさひやスポーツデポに行っても試乗させてもらえると思います。

試乗したうえで自分の目的に合ったロードバイクを購入しましょう。

はじめての1台におすすめなロードバイク

コミー
ロードバイク歴7年の私がおすすめするロードバイクを別記事でご紹介していますので是非ご覧ください!最後まで読んでいただきありがとうございました!
あわせて読みたい
【コスパが神】10万円台でロードバイク購入するならCANYONがおすすめ! ロードバイクを買おうと思っているお小遣い制なので予算はあまりない自分のお小遣いの中で買えるロードバイクないかな?それでもってかっこいいいロードバイクが欲しい ...
あわせて読みたい
ロードバイク初心者におすすめ!10万円台で買えるロードバイク!メーカー別11選! ロードバイクを始めたいけどどんなメーカーがあって、どんな自転車を買えばよいのかわからない、という方に向けて少しでも役に立つ情報がお届けできればと思います。 私...

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる